ホーム 商品情報 会社概要
RSS NEWS


老々介護の日々を記録したテレビに釘付け

老々介護の日々を記録したテレビに釘付けになりました。
96歳の夫と88歳の認知症の進んだ妻との介護生活を撮ったものでした。

超高齢のご夫婦がデイサービスやヘルパーさんに支えられての暮らしは画面だけでは計り知れない事態も容易に想像できるものでした。

その中でも、認知症の妻がご自身の分からなくなっていく状況への不安を訴えても、聞こえにくい耳になっているご主人は全く無反応で、分かってくれない夫へのいらだちはますます募り、いらだちをあらわにされているシーンは言葉に表せない切なさを感じました。

ご主人が聞こえたら奥様の不安を受け止められたかも知れないし、補聴器や集音器がご夫婦のコミュニケーションの介在になれたら認知症の進み具合に関係したかもしれない・・・・、とも想像しました。

弊社も「聞こえ」のお悩みを解決したいと、集音器「デカ音くん」とヘッドフォン型集音器「フォンテック」を販売していますが、海外の人に比して日本人の補聴器、集音器の使用率はまだまだ低い状況です。

超高齢化社会に向かって、コミュニケーションや人との関わりを豊かにしてくれる補聴器、集音器を何としても広げていくミッションを感じました。(幾)

Comments are closed.



お問合わせ  プライバシー・ポリシー  交通アクセス  サイトマップ

Copyright © 2011-2016 SHOEI DENSHI INC. All Rights Reserved.