ホーム 商品情報 会社概要
RSS NEWS


聞こえを取り戻す。電子技術と医療技術どちらが先か。

健康診断の結果、要精密検査の項目が出てきて、
老化を感じる開発室(織)です。

老化といえば耳が遠くなるのはよく聞く話ですよね。

なぜ耳が遠くなるかというと、耳の奥の蝸牛に
音の刺激を電気信号に変えて脳に伝える有毛細胞が
あるのですが、これが歳をとると駄目になっていきます。
(毛が抜けるイメージです)

耳の入口に近いほうに高い音を感じる細胞、
奥の方に低い音を感じる細胞があり、一般的には
高い音を感じる有毛細胞から悪くなっていくため、
高齢になると高い音が聞きづらくなっていきます。

細胞が再生してくれれば問題ないのですが、
この細胞は一旦だめになると残念ながら元には戻りません。

有毛・・
髪の毛のように抜けても生えてきてくれればいいんですけどね。
私、ひげは元気に生えるんですけど、髪の毛に元気がありません(泣
・・脱線しました。

蝸牛について


過去の情報になりますが、
慶應義塾大学医学部
「蝸牛有毛細胞の再生による聴力の改善にマウスで成功」
というプレスリリースが発行(2013年)されています。

手短に書くと、
“過大な音を聞かせて難聴にしたマウスを、手術で蝸牛外有毛細胞を
再生させ、聴力を改善させることに成功した”

というものです。

まだまだ実験段階であり人が恩恵を預かれる日は
かなり先のことでしょう。

今度は電子機器の話ですが、
補聴器、集音器はマイクで音を拾い、音を加工・増幅し
イヤホンに出力しています。

マイクは自分の聞きたい音だけ拾ってくれるわけでは
ありませんので、聞きたくない音を雑音として
うっとうしいと思ってしまう。
これは良く聞く話です。

聞き取りにくくなった高い音を補正して増幅した
場合、高い音が聞こえないことになれてしまった
耳には不自然に感じる。
これも良く聞く話です。

技術が進歩した今のご時勢でも人の聞こえを完全再現
できるような補聴器・集音器は正直存在していません。

しかし技術の進歩は早いです。
私の学生時分、パソコンはPC98(MS-DOS)、フロッピーディスク
それが今ではスマホで世界中のネットワークと繋がる時代。

さて、この電子技術の進歩と医療の進歩。
どちらが先に聞こえの悩みを根本から解決してくれるでしょう。

一昔前は手術で視力回復(レイシック)など存在しませんでしたが
今ではごくごく身近になっています。

医療的な解決で、耳に機器をつけずに聴こえが取り戻せる。
きっとそれが一番望ましい形でしょうね。

弊社は電子技術の分野からのアプローチで貢献していきたいと思っています。

——雑談—–

耳が遠い人のほうが長生きする?

a)余計な言葉が入ってこなくてストレスが減るから長生するのでは。
いやいや
b)聴こえないことで世間と隔離され、生きる活力が減るから駄目では。

どちらの言い分も正しいです。
本人の性格にもよりますし。

これに関しては統計がないのでわかりません。

統計学的には、母集団1,000人以上であれば370~380人に
アンケートを取れば判断がつくのでは?
(信頼性レベル95%、許容差5%として)

と単純に思ってしまいますが、判断基準が難しいですね。
高齢になれば普通に耳は遠くなりますので。

上記の人数を出す計算も、excelで式を入力して
テンプレートを作ってしまえば条件を変えても
ささっと人数が出せる。
便利な時代になったものですね~。

————–

最後に、耳に過度な刺激は禁物です。
若い方は、イヤホン・ヘッドホンで
過大な音で音楽を聞きすぎないように注意しましょう!

毛が抜けたら生えてきませんよ。。

Comments are closed.



お問合わせ  プライバシー・ポリシー  交通アクセス  サイトマップ

Copyright © 2011-2016 SHOEI DENSHI INC. All Rights Reserved.