ホーム 商品情報 会社概要
RSS NEWS
松栄電子工業株式会社 blog archives for 11月, 2012.




Archive for 11月, 2012

(服)です。
私の仕事は、前回ブログで紹介した白石と同じ部署で営業になります。
金陵電機製の【テレコン】の販売をはじめ、業務用無線機等の販売もしています。

STANDARD 同時通話無線機

STANDARD 同時通話無線機

今回は【テレコン】の安全運転について少しお話をしたいと思います。
金陵電機テレコン
1.テレコンでクレーンを運転するには
機上運転のクレーンと同じ運転の資格が必要です。車の免許(2輪・中型・大型等)と同じでクレーンの吊る重さで免許が違います。
無免許運転は出来ませんよ!
2.作業前の点検
車の運転と同じように使用前には必ず点検をしてから使用します。(車に乗るときは省略しているひとが多いと思いますが?)
3.作業中は見とおしのよい位置で行う。
回りをよく確かめて、作業する (荷物の位置がよく確認できる位置、他の作業者や設備がよく見える位置)
4.つり荷をつり上げる前に確かめよう。
つり荷の質量は?作業半径は?  クレーンの吊る重さには限界があります。
過重はダメですよ!! 荷崩れは落下の危険がありますよ!!

簡単ではありましたが、テレコンの安全運転について説明しました。
テレコンは安全に使って作業の効率アップをしましょう。

営業部白石です!

まずは私のお仕事のご紹介!
金陵電機製の「テレコン」っていう製品の販売をしております。
テレコン」はクレーンを無線コントロールする装置です。

例えばクレーンには「ペンダント」というものでボタン操作してクレーンを動かしますがこれはクレーン本体にケーブルがつながっており、ケーブルが届く範囲でしか作業できません。
テレコン」を導入する事で危険地帯を回避してより安全な場所で作業可能になります。

またクレーンの運転で、操縦する人に合図を送る合図マンが減らせます。2~3人で操作していたものが一人で作業可能になり効率アップにつながります。
ご用命の際は営業部白石までお気軽にお問い合わせください。

さて私は暇を見つけては山に出かけます。
そもそも運動なんて1mmも興味もなく・・・。
ある日フト気づくと体重が!体重が!体重が!増殖!増殖!増殖!・・・。

何か運動しようと、思い付きで近所の里山に登ったんです。
尾張富士標高275mの山でした。
こんな低山を1時間もかかったうえに
海に落ちた人みたいに汗をかいてボロボロな状態で登りました。
こんなに体力ないとは・・・トホホ・・・。
低い山でしたが丁度夕焼けが綺麗だったので継続してやって見ようと思いました。
今ではこの山15分で登ります(笑)

山ですとやっぱり北アルプスが一番ですね!景色がイイ!
まぁ~これからの季節寒し、寒いのはイヤだから
冬山登山はしませんけどね!
凍死したくないし(笑)
また登りましたら報告します!

中央アルプス 木曽駒ヶ岳登山途中

中央アルプス 木曽駒ヶ岳


中央アルプス 木曽駒ヶ岳登山途中!(北アルプスじゃないし(笑))

第5回スタッフブログ担当の(斉)です。
私は総務の仕事をしていますが、時々、通販の電話対応もしています。
なぜ、通販の電話対応かというと、通販部の人数が少ないので、人手が足りない時に掛かってきた電話の対応をしているからです。
弊社は電子機器の開発や製造、電気通信工事を行っている会社で、ここ数年で「デカ音くん」や「マルチウォッチャー」といった商品を開発、販売を始めました。
通販を始めて2年くらい経ちましたが、私は毎日対応しているわけではないのでまだまだ慣れないです。
どう対応したらいいのか困ることの一つに、「デカ音くん」の無料貸出や問い合わせが通販用フリーダイヤルでなく会社代表の電話に入ってくることがあります。
たまにしかないのですが、そういった場合は直ぐにフリーダイヤルがありますと伝えた方がよいのか、このまま対応した方がよいのか迷います。
お客様が話されている時に上手く伝えられなくて今のところそのまま対応し、最後の方で「フリーダイヤルもあります」と伝えるようにしているのですが、お客様からしたら早く教えて欲しかったと思っているのかな?
今後の対応の課題です。
デカ音くんマルチウォッチャー

お電話での「デカ音くん」、「マルチウォッチャー」のご注文、無料貸出※、お問い合わせはフリーダイヤルにお掛けください。
℡0120-521-251 お電話お待ちしております。
お電話のほか、郵送、FAX、WEBサイトも対応しています。
(詳細は http://www.dekaoto.comをご覧ください)
※無料貸出は「デカ音くん」のみの対応です。

弊社取り扱いの高齢者見守りシステム「アンシーン」が名古屋商工会議所発行の情報雑誌
「那古野 Business Hotpress 11月号」に掲載されました。
高齢者見守りシステムアンシーン

メッセナゴヤ2012大盛況のうち終了しました
ご来場いただきました方々誠にありがとうございました。

メッセナゴヤ 松栄電子工業

メッセナゴヤ 松栄電子工業


メッセナゴヤ「デカ音くん」展示

メッセナゴヤ「デカ音くん」展示


デカ音くん

デカ音くん


メッセナゴヤ「デカ音くん」試聴コーナー

メッセナゴヤ「デカ音くん」試聴コーナー

第四回スタッフブログの(里)です。

私は総務の仕事をしており、毎日書類を作成したり、伝票を処理したり、会社の裏方として皆さんを見守っています。
・・・と言うと、「声がでかくて、でしゃばりなのに裏方!?見守り!?」と総ツッコミを入れられそうですが(笑)

近年、総務の仕事は社内の技術者の方にソフトを作ってもらい、かなりの時間を短縮することができる様になりました。
私はアナログな人間で、パソコンやソフトの難しいことを聞かれるとフリーズしてしまうのですが、そんな私の「こういう機能があったらいいな」とか、「こういうデータがすぐひっぱりだせたらいいな」という声を根気よく聞いて、ソフトを改造してもらえることには、感謝の日々です。

以前は何でも「自分でやらなくちゃいけない」と肩に力が入り、かえって仕事に時間がかかってしまったり、遠回りな作業をしていました。
今は、誰かに相談したり、協力してもらったりすることで、全体の仕事量や時間が短縮したり、新たな問題を見つけて解決することができることを発見し、コミュニケーションって本当に大切だなぁと実感しています。

これから冬に向かって、弊社は工事の仕事が増えて、技術者の人たちがいろいろな場所に出かけていきます。
裏方として皆さんをしっかりバックアップできる様、経理の勉強を進めながら、どうやったら皆さんの役に立てるのかを考え⇒実践⇒振り返りの毎日です!!



お問合わせ  プライバシー・ポリシー  交通アクセス  サイトマップ

Copyright © 2011-2016 SHOEI DENSHI INC. All Rights Reserved.