ホーム 商品情報 会社概要
RSS NEWS

スタッフブログ


 天井クレーンを運転する時(テレコン使用時も)は、特に安全に注意して作業することが大変

大事である。今回は、ヒヤリハット事例をあげるので、細心の注意をはらいましょう。

【事例】 コイル置台が通路側に突然移動した。

【現象】 挟まれ、接触

【状況】 コイル置台上に横に並べて置かれた2個の鋼板コイルのうちの1個を床上操作

方式クレーンによりつり上げたところ、隣接した2段積みコイルの上段コイルが

その重みのためにずり落ち、下段コイルが置台ごと通路側に押し出されてきた。

もしも、その脇で運転操作をしていたとしたらコイルに挟まれていたであろうと

思うとヒヤリとした。

【原因】 コイル置台が床上に直接置かれただけで確実に固定されていなかった。

【対策】 置台がずれないように床に固定する設備の改善を行った。

  以上、特にケガに直結する場合が多くあるので、注意しましょう。

今冬は、雪も多く寒い日が続いていますが、皆様体調はいかがでしょうか?
弊社は、昨年末から繁忙期を迎えております。私は、普段は営業なのですが、
この時期は人が足りないため現場に行くことも多々あります。
今年は、長野と静岡の現場に行く予定ですが、長野は雪も多く、山の上にある
鉄塔作業もあり日々悪戦苦闘しております。
現場での経験も営業活動に活かせるよう頑張っていきたいと思います。

あけましておめでとうございます。
  日ごろは、弊社製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
  発売以来、集音器「Phontec」は、多くの皆様に愛用され、ご好評
いただいています。現在、全国に200以上の取扱い店が、ご来店を
お待ちいたしております。是非、お立ち寄りください。
また、本年は、弊社創立50周年を迎えることになります。これも
ひとえに皆様のお蔭と、大変感謝いたしております。今後も、お客
様のお役に立てる製品づくりに邁進して参ります。どうかよろしく
お願い申し上げます。
     平成30年1月吉日
               代表取締役社長 平 松 義 朗

高山の仕事で高山市内に現場事務所を構えました。
事務所は高山市内が一望出来る小高い丘の上にあります。
毎日、事務所でCAD図面を作ってますが、窓の外は毎日の様に雪です。
太陽があまり出ず、とにかく寒いです。
気象庁のホームページを見ると「ラニーニャ現象が発生しているとみられる。」
と発表されていて今季の冬はかなり寒いらしい。雪もいっぱい降るのかな?
3月末まで高山で仕事なのに、それも外仕事があるのに雪が心配だ。

ひるがのサービスエリアはこんなに雪がありました。
hirugano

 省力化対策として天井クレーンを無線操作方式(テレコンを導入して)に改造

した場合の運転資格は下記のようになります。

 クレーンの運転資格は、吊り上げ荷重が5トン以上のクレーンと、吊り上げ荷重

が5トン未満のクレーンで、大きく分かれます。

 吊り上げ荷重が5トン未満のクレーンの場合は、操作方法がどんな運転方式(

機上運転式、無線操作式(テレコン)、床上運転式、床上操作式)でも【クレーン

運転の業務の特別教育】で運転することが出来ます。

 吊り上げ荷重が5トン以上無線操作式クレーンの運転には、【クレーン運転士免許】

の資格が必要です。

 吊り上げ荷重が5トン以上のクレーンの場合、【床上操作式クレーン運転技能講習】

で運転できるクレーンは、運転者が荷の移動する方式のクレーンに限られています。

また、【床上運転式クレーン運停止免許(限定免許)】で運転できるクレーンは、運転者

がクレーンの走行とともに移動する方式のクレーンに限られています。したがって、
                                  
吊り上げ荷重が5トン以上の無線操作式クレーンの場合、制御器(送信部)を持って

床上で操作するからといって【床上操作式クレーン運転技能講習】及び【床上運転式

クレーン運転士免許(限定免許)】では運転することは出来ません。

技術部の(新)です。
今年も残すところあと1ヶ月になりましたね。
これが載る頃には今年の流行語大賞も発表されてると思います。

今年度は大きな物件を担当する事はありませんでしたが
それでも別物件のサポートに入ったりもともとの現場があったりと
なんだかんだで忙しくさせていただいています。
また個人的には近々大きな出来事があるのですが
その話はまた今度ということで・・・

寒さに負けずがんばっていきましょう。

高山にてCCTVの工事を10月下旬より3月末まで実施することになりました。
高山での工事は9年ぶりですが、今年は雪が多そうで心配です。
工事は国道41号線沿いでの屋外作業がメインとなりますので
寒さとの戦いが想定されます。
慣れていない極寒地域での作業は、想定外の雪等で工事が遅るなど、
思わぬことが起きやすく、気持ちがあせってしまいますが
事故だけ起こさぬよう、十分注意して作業したいと思います。

技術部の(川)です。お久しぶりです。
すっかり秋らしくなり、寒くなりましたね。
風邪をひかないよう、体調管理しないといけませんね。

今回は、スポーツ少年団(バレーボール)の目標についてです。
先日、私が指導する6年生今年最後の大会(岐阜・四日市交流大会)が、ホーム体育館で開催されました。
子供たちにとっても慣れ親しんだ体育館。
思う存分、いままでの成果を発揮できる絶好の日でした。
大会は、いくつかある各会場毎の順位を決定(予選、トーナメント方式)
トーナメントで1位:1チーム、2位:1チーム、3位:2チームを目指し、争います。
Aコート4チーム、Bコート4チーム各コート総当たりの予選。
私が指導をしているチームは、Bコートでの試合。な、な、な、なんと、3試合全勝。びっくりです。
Bコート1位通過。
トーナメントが決まり、1試合勝てば3位決定。
そしてトーナメント1試合目。番狂わせのように勝利。(みんなを信じてなかったわけではありません(笑))
3位以上は確定。賞状、楯は貰える範囲に。
次に準決勝。惜しくも敗退。よく頑張った。くじ運と思いたくないのですが、お疲れ様。
今まで負ける事は知っていても、賞を貰う喜びを知らなかった選手たちが、大きく見えた瞬間でした。
しかし上には、2位1位がいる事は、間違いありません。
しかも本チーム中心選手不在の中での結果3位、褒めてあげたいです。
中心選手が居れば、もう少し上へ行けたかも知れません。

帰りがけに選手のみんなに問いました。
追いかけるのと、追いかけられるのとでは、どっちがどうなんだろう。
返ってきた言葉が、”追いかけたい。目標を持って頑張れるから”
こちらも意地悪で、ずっと追い越せないよ?と聞いたら
”本当の最後には追い越す”ですって。
小学生でありながら、選手らしい返事にこちらも戸惑いました。

残りあとわずか。残す大会も2~3大会ほど。
1つでも多く賞を貰う目標達成と、周囲に自慢できる足跡を残してあげたいです。

技術部営業担当の(白)です!
某所公園でウォーキングをしているとあるところにスマホを持った集団が・・・。
どうやら「ポケモンGO」をやっている人たちでした。
30名ほどの集団でしたがよーく見てみるとご高齢な人たちが大半。
「ポケモンGO」の配信から1年半くらいたちますが老若男女問わず街中にプレイヤーがあふれ、社会現象にもなりました。話によると若者の「ポケモンGO」離れも進んでいるようです。そんな中シニア世代では人気だとか。現在、シニアのひきこもりが問題となっているようで、ポケモンGOがより普及することで問題解決に一役買うかもしれませんね。生活改善効果も期待できるということでしょうか?私も「ポケモンGO」をやってみましたが直ぐに飽きました。まだ若いってことですよね?wwww

10月の週末に富士山に行ってきました、もちろん観光です。台風が接近中なので
 天候は半分諦めでしたが小雨の曇り日より、まあいいか。
富士山スカイラインで富士宮口五合目に14:00頃到着です。こんな天気でも
車は数台確認、ここから少し登山です、周りの景色はガスで見えません。しかし六合
目山小屋に到着すると天候が一時的に回復,周りの景色がクッキリ 美しい! と思う
まに天候は刻々と変化しました。
 そこへ若い男性の外人さんが(1人)‘富士宮登山道はどこ?’英語で話しかけてきた、
富士宮ルート ん! 一瞬考え `ワカリマスカ? 解ります´そして山小屋近くに
あった案内看板のところへ`ここが現在位置 富士宮ルートはこれ しかし通行止め´
と厳重な柵を指さした。 `アリガトウ´…外人さんスタスタと柵の方へ そして周り
を見たと思ったら柵を乗り越えて行ってしまった…。 アリガトー!返した言葉は 
`気をつけて!´(こんな時間・こんな天気 そして薄着)
 その場にいたのは嫁さんと自分そして外人さん 今しかないのかな?



お問合わせ  プライバシー・ポリシー  交通アクセス  サイトマップ

Copyright © 2011-2016 SHOEI DENSHI INC. All Rights Reserved.